日本型(日本版)CCRCの創生にむけて2015

 新しい年2015年は、2025年の地域包括ケアシステム実現に向けて、本格的に医療・介護が一体となって高齢者を支えていく仕組みづくりに知恵を絞り、創意工夫する年かと思います。私どもは、アメリカのCCRCを日本の風土、文化に合わせた日本型(日本版)CCRCの普及を使命として活動を進めてきました。
 そして、昨年3月にNPO法人高齢者健康コミュニティを設立し、6月にいままでの研究結果をまとめた書籍「地域包括ケアを動かす高齢者健康コミュニティ」(九州大学出版会)を出版しました。
そのような折、地域創生が日本の大きなテーマとなり、【まち・ひと・しごと創生総合戦略】策定の前段階で検討された「基本政策検討チーム報告書(案)」−総合戦略に向けて中間的な検討状況の報告−の中で、CCRCが取り上げられました。
HPアドレス:
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/souseikaigi/dai2/gijisidai.html
 
 取り上げられたのは、掘ズ8紊了楮の方向 1.政策パッケージのンの中の
(2)地方へ新しいひとの流れをつくる(ア)地方移住の推進の中の【考え方】に記載されています。
 すなわち、地方についてのワンストップ相談など支援施策を体系的・一体的に推進していくことが重要。また、住み替え支援、都市農村交流の推進のほか、「二地域居住」の本格的な推進策の検討が必要。としたうえで、CCRCについて次のように続いています。
・また、都会の高齢者が移り住み、健康状態に応じた継続的なケア環境の下で、自立した社会生活を送ることができるような地域共同体(「日本版CCRC」)について検討を進める。
このように、国もCCRCに注目し、まさにこれから、具体的に日本版CCRCの創生にむけて、具体的の普及支援していく必要があります。
 いまNPO法人高齢者健康コミュニティは、実際のプロジェクトとして、埼玉県和光市で、日本型(日本版)CCRC高齢者健康コミュニティ和光を株式会社東日本福祉経営サービスと共同作業により、創生しようとしています。
具体的には、次のWebサイトをご覧ください。
http://ej-welfare.jp/rg-wakouminami/
 

日本型CCRC「高齢者健康コミュニィティ」の実現をめざして(1)

光陰矢のごとし、とはよく言ったもので、2013年もあと二か月となりました。一年は早いですね。
今年の一大イベントとなるプレゼンテーションが、
ASIAN AGING SUMMIT 2013 (国立長寿医療研究センター主催)で行われます。SUMMIT 11121314日の三日間のプログラムで、私は第2日目の午後B-2ワークショップ:超高齢社会の「住」のあり方2“街”と”家“の視点から考える、で「日本型CCRCの実現に向けて」という題目で20分講演させていただきます。
1992年にジョン・エリクソンが開発したCCRC“チャールズタウン”と出会い、米国から帰国後、CCRCを日本に普及させ、エリクソンJAPANを創造することを私の使命としてきたつもりでした。しかしながら、当時は、多額の補助金をもらう特別養護老人ホーム等介護施設(米国のナーシングホーム)を全力で造り上げる時代でしたので、自立型住まいを中心とするCCRCなど市民権を得ないのが当然であったかもしれません。
しかし、時代は流れ、変化してきました。特に超高齢化と、財政問題で、高齢者が寝たきり、介護が必要になってから対応する流れから、要介護にならない予防へ重点が移されてきました。また「自助」、「互助」といった概念が「公助」に加わって重要視されるようになり、それが地域包括ケアシステムに中心となっています。
介護施設は
134万人分以上整備されてきましたが、未だ日本には、自立を支援する自立型住まいは8万人程度しかありません。欧米先進国では介護施設より自立型住まいが多いのが現状です。やっと日本でも、自立型住まいが市民権を得る時代がやってきたと思います。
ASIAN AGING SUMMIT 2013では、自立型住まいを中心とする「CCRCとは何か?」、「日本でCCRCを実現するために何が必要か?」今回は、サミットを前にじっくり整理してみました。その結果、6つの条件として整理できました。
その内容は次回のブログで発表したいと思います。
なお、以下がASIAN AGING SUMMIT 2013Webサイトです。
直接聞かれたい方、興味のある方はぜひご参加ください。
http://www.nikkeibp.co.jp/aging/summit/2013/program2.html
よろしくお願いいたします。
窪田昌行

 

CCRC創造のための5つの質問:ミッション

 

「われわれのミッションは何か?」ピーター・ドラッカーの最も大切な5つの質問の第一番目の問いかけである。ちなみに5つの質問は次のとおりである。

ドラッカーは、この「最も大切な5つの質問」とは、いま行っていること、行っている理由、行うべきことを知るための経営ツールであるといっている。それは次の通り:

1.「われわれのミッションは何か?」

2.「われわれの顧客は誰か?」

3.「顧客にとっての価値は何か?」

4.「われわれにとっての成果は何か?」

5.「われわれの計画は何か?」

 また、ドラッカーは真実をさらりと言ってくれる。「組織はすべて、人と社会をより良いものにするために存在する。すなわちミッションがある。目的があり、存在理由がある。」マネジメントの中核にあるものがミッションである。

では、CCRC研究所のミッションは何か?

さらに、ドラッカーは続ける。

「ミッションとは、人にかかわるものである。それは、心底からくるものである。したがって、リーダーたる者は、組織のメンバー全員がミッションを理解し、信条とすることを確実にしなければならない。」

 また、ミッションを規定するものとして、いわゆるミッション・ステートメントは、Tシャツに似合う簡潔なものにしなければならない、と言っている。

それは、「何を」、「なぜ行うのか」を表すものである。いかに行うかを表すものではない。

さらに、ミッションは大きくしなければならない。無限大でさえなければならない。しかも、直ちに行動に結びつくものにしなければならない。

「私は貢献している」と誰もが言えなければならない。人を行動に駆り立てなければならない。全員が「そうだ。これが、私が憶えられたいことだ」と言えなければならない。

では再び、いまCCRCのミッションは何か?と問いかけてみる。

私と私の研究パートナーは、CCRCContinuing Care Retirement Community)の日本語訳を「高齢者健康コミュニティ」とした。

とすれば、ミッションは「日本流のCCRCを創造することである。」

日本流のCCRCを日本版CCRCと多くの文献で述べてきた。であれば、ミッションは「(日本版CCRC=)高齢者健康コミュニティを創造する」である。ミッションとして、創造するものをCCRCとするか?、それとも日本語の高齢者健康コミュニティとするか?、迷うところである。ドラッカーはどちらが正しいというか?考えるところでもある。
また、日本版
CCRCとしたが、日本型CCRCという概念もワンプレシス型ではなく、ネットワーク型というシステムで定義した。

日本流CCRCがいいのか?も悩むところである。

考え方は、日本流CCRCに二つのタイプ‘本版CCRC、日本型CCRCという分類にしてはどうかという意見にもなる。

一方、CCRCという概念が普及していないので、説明する必要があり、弊社のホームページ冒頭にのせている、「医療・介護に不安のない環境で、できる限り長く自立し、豊かに暮らすCCRC高齢者健康コミュニティをつくる」ということに帰結する。

ミッション・ステートメントが少し長くなり、ドラッカーがいうように、Tシャツには簡単に書けないが、書けないこともない。

そんなことを考えている折、アメリカ人の友人マーク(以前紹介したが)から、中国で上海CCRCが完成したということで、そのグランドオープンへの招待状が届いた。513日、上海に行く予定である。

また、先を越されたか?
日本版CCRC開発における最大の課題は「一時金の返還」である。この件も早く方針を決めたいと考える。この
8月までに方針を決めるつもりである。

ことし2013年、団塊の世代が65歳以上前期高齢者に入ったが、団塊の世代が75歳になったとき、高齢者が安心安定して、豊かに暮らせるCCRCが利用しやすい価格帯で、たくさんできている必要がある。

我われのミッションは、社会のニーズの合致しているはずである。

問題は私の熱意が不足していることである。マークに刺激されて、今年こそ、スタートしなければいけないと深く反省している次第である。

CCRC高齢者健康コミュニティに関心のある事業家・投資家の方があれば、連絡いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

CCRC研究所 窪田昌行


CCRCの創造とドラッカー5つの質問

 

新しい年が始まりCCRCを創造するために、ピーター・ドラッカーを読み直しています。特にその中で、ドラッカーの5つの質問が心に響きました。
 さて、2013年(平成25年)となり、3か月近くが経とうとしています。
CCRC研究所の本ブログも昨年10月に記載、アップして以来です。1ヶ月に一度程度は、日本版CCRCの創造に向けた活動、成果をまとめ、本ブログで発表することにより、われわれのゴールまでのマイルストーンにしていきたいという思いはあります。

それができなかったのは、言い訳になりますが、以下のような理由からです。

それは、昨年69日に開業となった、医療法人がバックの住宅型有料老人ホームの施設長の任、仕事を行ってきたからです。やはりオープン時は、特に人材教育、運営の方法、ルールづくり等ほんとうに大変で、なかなか自分の考えをまとめる機会がなかったというのが、本心です。

しかし、住宅型有料老人ホームの施設長として、24時間365日の有料老人ホームを中心とする複合施設の運営を経験し、コンサルタントという立場では見えなかった問題点、新たな視点を持てたことは、これからCCRCを開発していく上で大きな価値があったと考えます。

この仕事につくまでは、太宰府市の医療機関が経営するデイケア(通所リハビリテーション)の施設長を4年間勤めましたが、日中だけを運営するデイケアとはまったく異なった、24時間体制の運営ノウハウを学んでいます。(現在進行中です。)

私が施設長を務める住宅型有料老人ホームはいわゆる“複合施設”で、1Fにデイサービス(通所介護)、ヘルパーステーションと多目的用途の地域交流センターがあります。2Fには、21室(1室が夫婦部屋でその他すべて個室、定員22名)、3Fはすべて個室で22室があります。

平成253月現在で、35名の方が入居されています。男子が11名、平均年齢が男女とも大きく変わらず85歳です。また、昨年オープンから8か月余りの中で、ホーム内での看取りも経験しました。これらの経験の中で、特にCCRCの創造と関連して感じたことが3つあります。

1.本ホームは重介護の高齢者へ対応していこうということで、要介護1以上、要介護5までを入居条件としました。すなわち要介護1以上の重介護の方が対象です。多くの高齢者は多種多剤で、複数の慢性の疾病をもっています。このため医療との緊密な連携ができることが、運営の必要不可欠な条件になるかと思います。さらに、最後の看取りまでできるシステムを構築できるかが大きな課題です。

2.本ホームは2Fから開業し、まず2Fに入居してもらうようにし、3Fの入居を希望される方は、しばらく入居を待ってもらうようしました。そのため、2階の入居者の要介護の平均は3.1ですが、その内訳は要介護1程度の軽介護のグループ、要介護4,5の重介護のグループ、そして重度の認知症の高齢者が混在しているという問題があります。本来であれば、それぞれが必要な介護、支援ニーズに対して、CCRCのようにAssisted living(アシステッドリビング)Nursing home(ナーシングホーム)、Memory care unit (認知症対応住宅)の3つの適切な住まいにすみ分けるようにやれば、さらにQOLの高い介護サービスが提供できると考えます。

3.要介護認定を受けていない自立した後期高齢者が、「入居できないか?」と見学に来られるケースが多々ありました。今でも時々自立した高齢者、入居できないか?と見学に来られます。

これらの3つのことを経験し、われわれが考えてきたCCRC(高齢者健康コミュニティ)は地域の高齢者のために、日本のために必要不可欠であるとの思いがさらに深まっています。

そのような思いを抱え、これから本格的にCCRCを創造していくためにどういう手順で開発を進めていけばいいのか考えてみました。その一つの考え方として、経営学の祖、マネジメントの父といわれる、ピーター・ドラッカー氏の「5つの質問」が役に立ち、それにそって進めていけばいいのではないかというアイデアが生まれました。

さて、ドラッカーの「5つの質問」は次の通りです。

1.われわれのミッションは何か?

2.われわれの顧客は誰か?

3.顧客にとっての価値は何か?

4.われわれにとっての成果は何か?

5.われわれの計画は何か?

この5つの質問を中心にすえて、この福岡から、日本版CCRCを発進していけるように検討を進めていきたいと考えます。また、本ブログを定期的に書くことにより、今年こそ、その実現に向けて駒を確実に進めていきたいと考えます。

CCRCに関心のある方、どうぞよろしくお願いいたします。

窪田昌行


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others