サクセスフル・エイジングとイノベーション

政府の経済財政諮問会議は4月17日、中長期の経済成長戦略となる「未来開拓戦略」を決定しました。次の三つが柱になります;(1)低炭素革命(2)健康長寿(3)魅力発揮。この施策により2011年度までの3年間で累計40兆―60兆円の需要、140万―200万人の雇用を生み出す目標を掲げました。
 とりわけ雇用創出の意味で、医療・介護を中核とする健康長寿分野が将来的に極めて有望だと強調しています。この分野の市場規模を2025年までに現在の41兆円から90兆円超に拡大し、雇用も385万人から670万人程度に増やすとしています。
 介護機能強化プラン以外に重点プロジェクトとして掲げたのは、「地域医療強化・健康産業創出プラン」、「医療・介護福祉新技術イノベーションプラン」です。
 医療・介護の市場、雇用を2025年までに現在のおよそ2倍にしようとするわけですから、新しいアイデアによる新しい事業が必要になってきます。新しい事業の創造を経済専門用語で「イノベーション」と言います。イノベーションは日本では「技術革新」と狭い意味で用いることが多いわけですが、イノベーションは「刷新、新機軸」という意味では、生産技術の革新だけでなく、新商品の導入、新市場・新資源の開拓、新しい組織の実施などを含む考え方です。この概念は経済学者のシュンペーターによって用いられましたが、経営の父ドラッーカー氏はわかりやすく次のように定義しています:「人間の欲求とニーズを満たす機会を探し、実現するための活動」。
 イノベーションに関連して、日経新聞の春秋の欄にあった次のような内容がありました。参考になりますので転記しました。
『「入場者、予想の三分の一」。1983年春、東京ディズニーランド開業日の様子を翌日の新聞がそんな見出しで伝えている。開園前の行列が想定を下回ったという内容だ。別の新聞には「黒字化に時間」という記事もあり、お手並み拝見という空気が漂う。
「ハイテク時代に童話の世界は時代遅れ」「熱しやすく冷めやすい日本人にはどうか」という評もあったと記憶する。そのディズニーランドとお隣のディズニーシーの昨年度の入園者が過去最高記録を更新したという。26年間の入園者数は締めて4億6千万人超。「夢と魔法」が日本人の遊び方を大きく変えた。
ディズニーランドが開業した年に任天堂のゲーム機ファミリーコンピューター、通称ファミコンも誕生した。こちらも発売前後に目立った報道はなく、しばらくたち「やっと売れ出す」という記事が掲載されている。その任天堂も今では、この経済環境の中で好調を維持する企業の代表格だ。
目先の好不調にうろたえない。長い目で見て、必要な投資はきちんとする。共通点はいろいろあろうが、最も大きなのは「家族」で一緒に、安心して楽しめる機会を提供してきたということだろうか。これからは個の時代であり、狙うのは個人客。そんな市場戦略の常識に挑戦しはねのけた四半世紀だったと言える。』
ここでは、ディズニーランドと任天堂が紹介されていますが、その商品は、サービス産業と電子機器産業と異なります。任天堂は今までにないゲーム機を創造しましたが、ディズニーランドは米国にあったもの、人気の実績のあるものを日本に持ってきたというものです。米国で人気があるので、日本でも人気が出るという仮説によっています。日本とアメリカの文化が違うという意見が取締役会で多ければ、ディズニーランド事業は日本には輸入されなかったかもしれません。
高齢者住宅も同じはないでしょうか。日本の老人とアメリカの老人は文化が違う、日本人は子供が親を見るのが当たり前で、アメリカのCCRC(高齢者健康コミュニティ)のような高齢者住宅システムは日本にはそぐわないと言われる方がいますが、本当にそうでしょうか、日本でも核家族化は進行し、子供は親と離れて住み、容易には親の傍で、親の健康を見守りながら、生活することは難しくなっていると思います。文献によれば、アメリカ人も家族が親の傍で、親の生活を見守るのがどちらかといえば普通の状態で、昔はそれが当たり前だったと聞いています。子供が親の世話をしていくのは、世界共通といえます。しかし、女性の社会進出が進み、親のケアの担い手であった、子供、妻が専門のサービス事業者に代わっていった歴史が先進国にはありますし、日本もその方向にあるかと思われます。
日本はこれから、人口減少、特に労働人口の減少、急激な高齢化を迎えます。2025年には、高齢化率31%、2055年には41%になると推測されていることは、二人におよそ一人が65歳以上という、想像できないような「老人社会」を迎えます。多くの高齢者が老化の過程で、身心の健康、自立、社会的な交流を維持していく「サクセス・エイジング」を実現していく日本に適したCCRC(高齢者健康コミュニティ)を作っていくことが必要であると考えます。
窪田昌行

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others